プロに撮影してもらえる子供写真館|大事な一枚となる写真

カメラ

子供の成長を喜び願う儀式

男の子

思い出を形に残すため

七五三とは、子供が3歳と5歳と7歳になる年におこなわれる、お祝いおよび祈祷です。現在ほど衣食住が満ち足りていなかった時代には、子供が小さいうちに命を失ってしまうことが多々ありました。そのため年齢を重ねることができた場合には、それを喜び、その後も重ねることができるようにと祈る儀式が、七五三としておこなわれるようになったのです。子供の命が守られやすくなった現在でも、その風習は残っています。また昨今では、お祝いや祈祷だけでなく、スタジオでの家族写真の撮影もおこなわれるようになっています。家族写真には、子供はもちろんですが、その両親や、場合によっては祖父母なども写ることになります。しかも形として残るものなので、これにより七五三が一層思い出部深いものとなるのです。

整った服装で

デジタルカメラが普及している現在では、七五三以外の時にも、写真を手軽に撮影することが可能となっています。それにもかかわらず、七五三の際に改めてスタジオで家族写真を撮影するのは、この儀式が多くの場合、整った服装でおこなわれるからです。七五三では、地域の氏神に子供が成長した様子を見せつつ、今後のさらなる成長をお願いすることが通例となっています。そのため氏神に失礼がないようにと、身だしなみを整えるわけです。男児の場合は羽織袴、女児の場合は振袖を着用することが一般的ですが、昨今ではタキシードやドレスを着用する子供も増えています。また両親や祖父母も、それに合わせてスーツやワンピースを着用します。要は普段よりも華やかな装いをするわけですから、そのためこの機会に、カメラマンに家族写真を撮影してもらうという人が多くいるのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加